入学希望の方

卒業生の声

武藤大悟さん
社会人入学で専修科(農業実践力養成科)を2004年卒業。農業法人に就職後、当学園で知り合った朝子さんと結婚。2006年より独立。有機野菜の「むとう農園」を経営。手前は3男の大知くん。

茨城県石岡市で妻と二人、小さな有機農園(露地野菜2ha)を営んでいます。
2006年にJAやさとの新規就農研修生として就農し、早いもので15年経ちました。
学園での一年間は、農家としての今の私たちの礎となっています。
実際の農家の一日を模したような時間割の中で実習を積むうちに、農業の面白さ・奥深さを感じ、自分の適性を判断できました。
最初の農業体験が実践学園であって本当に良かったと思います。

 

 

 

宮下直明さん
大学卒業後、専修科(農業実践力養成科)に入学。農業法人に就職後、新潟県で独立。周辺農家さんとの協力関係を築きながら、耕作面積4haの「なおべぇふぁーむ」を運営。

私のような非農家出身者にとっては座学も大切ですが、畑に出てより実践的な農業を学べたことはとてもいい経験になりました。


また“農業機械を使えば効率的に作業はできるけど、まずは基本の手作業を知っておかないといけない”という先生の教えは今でも大切にしています。