学園の概要

学園長あいさつ

「農業に必要な能力は何か?」

まず動植物の栽培・飼育技術、生産物の販売、経営管理の能力はもちろん必要です。
さらに、住居や農地・設備、資金を調達するために地域から信頼され、期待される誠実さ、人間的魅力も必要になってきます。
時に天候の変化や市場価格、トラブル発生時に、マニュアルにとらわれず臨機応変に対応する、柔軟性や決断力も求められます。チームで作業する場合はリーダーシップの能力も必要になってきます。そして何より、健康的な体力と精神力が必要です。
学園長 籾山 旭太 (もみやま あきた)

 

こうした能力は地域のリーダー的存在の農家の方々が共通して持ち合わせている事柄です。 

一朝一夕には実現しませんが、農業を継続してきた結果身に付いた能力ではないかと思います。
 
このあたりに新しく農業を始める人にもヒントがあると考えています。
大事な要素として、 実地での経験、深い人間関係の構築、 学び続ける姿勢の3点が重要だと考えています。
 
これらの能力を養成するため、経営規模による農場実習、学生圃場による農業の実践、寮生活(清掃と自治)、富士登山などの行事、農業の心構え、礼儀と作法、スポーツと武道等、独自のカリキュラムを多く用意しています。
 
「農の心は万物を広く益する」という言葉があります。環境と経済、両面の持続可能な農業の実現にむけて、農を学生たちとともに実践し、その現場で生まれる農の心を広めていきたいと考えています。
 
農業者の育成を中心としながらも「 開かれた農場教育」を教育方針に掲げています。
1日の体験から長期間の研修等、様々な目的を持った方を歓迎いたします。是非お気軽にお越しください。

籾山旭太プロフィール

1980年11月19日生まれ 
神奈川県藤沢市出身
 
高校から浪人時代に自転車旅行で四国、北海道を巡る。道中で出会った人々や景色に魅了され、農業を志す。
東京農業大学農学部農学科卒。学園祭の実行委員に没頭した4年間を過ごす。
大学での勉強だけでは農業の現場で働くには不十分と感じ、日本農業実践学園、専修科(現、農業実践力養成科)に入学。1年間野菜中心に学ぶ。卒業後、同学園で野菜部門助手、嘱託職員として働く。
2009稲作の勉強が必要と感じ新潟県十日町市で農家研修に入る。お世話になった地域が中越地震の被災地で地域おこし活動にも参加。農村地域の持続性というテーマを考えるきっかけになった。
研修を終えた2011年4月に学園に復職。
2019年4月に学園長兼農場長になり現在に至る。