学園の概要

教育目標・方針

本学園の使命(教育理念)

農場の経営を通じてすべての人に農に関する学びの場を提供し、農業の担い手および地域社会に貢献する人材を育成する。

基本姿勢 「農の意義」の体得

農業は植物、動物という命を育てる職業であり、食とはその命を頂くことである。農業と食の意義について理解を深め、私たちの命と健康に直結しているという自覚を促す。

教育方針

1  開かれた農場教育

体験から就農まで様々な目的をもった全ての人に対して、農場を提供するとともに農に関する基礎的かつ実践的な技術、知識の習得を助ける。

2  社会に貢献する人格形成

農場、寮において職員と学生が互いに学びあい、切磋琢磨することにより、自立と共同の精神を体得し、社会人としてのより高い良識を養う。

3  経営の実践

農場は経営確立の活きた実例を示す場であり、農業経営の実践を通じて実地に活かすことのできる実力を養成する。