農業体験・研修

チャレンジ・ザ 農業体験・研修

 

農業に関心がある、
農業を仕事にしたいけれども経験がない
-そういう方にお奨めするのが、
「チャレンジ・ザ・農業体験・研修」です。

農業には稲作や野菜、果樹、花きなど様々な作目(種類)があり、どの作目を選ぶかで仕事の仕方だけでなく、生活のサイクルまで変わってきます。
農業へのチャレンジに失敗しないためには、農業とはどういうものかを知ることが大事です。
 
「チャレンジ・ザ・農業体験・研修」は、全国新規就農相談センターが窓口となり、プロの農業者を育てる学校として90年の歴史を誇る日本農業実践学園にて、農業の実際を学ぶコースです。
 
「短期体験コース」から、農場での実務研修と理論をしっかり学ぶ「実践コース」まで、作目部門ごとに幅広いコースを用意しています。

体験コース

体験コースは、以下の4通りです。

コース期 間
1日農業体験コース1日
短期農業体験コース3日、5日間
中期農業研修コース1ヵ月
農業実践コース3ヵ月

※1日体験以外は、いずれも、宿泊して受講します。

研修内容

研修は、日本農業実践学園の学生と同じ内容で行います。
研修内容は以下の7つになります。

①作物慣行栽培による各種路地野菜の栽培、稲作の実習
②有機農業有機農法での各種野菜の栽培・水稲の栽培・平飼い養鶏
③畜産(牛)牛の飼育管理
④畜産(豚)豚の飼育管理
⑤農産加工季節の農産物の加工(漬物、ジャム、豆腐、味噌等)、パン・菓子類の製造

農業体験・研修コースの概要

1日農業体験コース(1日)
期間 1日(10時~17時)
開始時期年間をとおして、平日(月~金)。 *土日祝日は行っておりません。
対象者(応募資格)基礎的な農作業体験を望む農作業未体験の概ね65歳以下の健康な方
実習コース【農作業体験】
①稲作 ②野菜 ③有機農業 ④水耕栽培 ⑤畜産(牛) ⑥畜産(豚) ⑦農産加工 の7部門から、1部門選択
参加経費
(食費・宿泊費・研修費)
3,000円(保険料含む)/
昼食付き(土・日祝日を除く) 
定員20人
備考お盆、年末年始、学校の行事等で受け入れられない日があります。
短期農業体験コース(3日または5日間)
期間 1週間(原則5日間)。3日間も可。
開始時期年間とおして、原則月曜日。月曜日が祝日の場合は、火曜日(3日間の場合も同じ)
対象者(応募資格)基礎的な農作業体験を望む農作業未体験の概ね65歳以下の健康な方
実習コース【農作業体験】
①稲作 ②野菜 ③有機農業 ④水耕栽培 ⑤畜産(牛) ⑥畜産(豚) ⑦農産加工 の7部門から、2部門まで選択可(3日間の場合は1部門まで)
参加経費
(食費・宿泊費・研修費)
25,000円(保険料含む)/3日の場合は14,000円(保険料含む))
1日3食(土・日祝日を除く) 
定員20人
備考お盆、年末年始、学校の行事等で受け入れられない週があります。
中期農業研修コース(1か月)
期間 1か月
開始時期原則毎月1日より開始。
ただし、1日が土日祝日・学園の定める休業日である場合は、休み明けより開始。
※1
対象者(応募資格)新規就農をめざす農作業体験のある概ね65歳以下の健康な方(短期農業体験コースからのステップアップ的位置づけ)
実習コース【農作業研修】
①稲作 ②野菜栽培 ③有機農業 ④水耕栽培 ⑤畜産(牛) ⑥畜産(豚) ⑦農産加工 の7部門から、1部門選択
参加経費
(食費・宿泊費・研修費)
73,000円(保険料含む) ※2
1日3食
宿泊は原則1~2人部屋 
定員10人
備考期間を延長することも可能

※1:平成31年度は、4/1、5/7、6/1、7/1、8/1、9/2、10/1、11/1、12/2、1/6、2/1、3/2
※2:開始日が1日以外は日割り計算の上割り引きます。

農業実践コース(3か月)
期間 3か月
開始時期原則毎月1日より開始。
ただし、1日が土日祝日・学校の定める休業日の場合は、休み明けより開始。
※1
対象者(応募資格)本格的新規就農または農業法人への就職をめざす概ね50歳以下の健康な方。農作業経験は不問。
実習コース【農作業研修+進路相談】
①稲作 ②野菜 ③有機農業 ④水耕栽培 ⑤畜産(牛) ⑥畜産(豚) ⑦農産加工 の7部門から1部門のみ選択。
参加経費
(食費・宿泊費・研修費)
203,000円(保険料含む) ※2
1日3食付き 
定員10人
備考申し込み書と一緒に履歴書(市販のもの)を提出。研修終了後、希望すれば就農相談を実施。

※1:平成31年度は、4/1、5/7、6/1、7/1、8/1、9/2、10/1、11/1、12/2、1/6、2/1、3/2
※2:開始日が1日以外は日割り計算の上割り引きます。

持ち物

1日体験

  • 作業着(動きやすくて汚れてもいいもの、農産加工体験の場合は、エプロンとバンダナ等
  • レインウェア(雨天の場合)
  • 長靴(貸し出しもできます)
  • 軍手
  • タオル
  • 飲み物<
  • 健康保険証

宿泊する場合

  • ・作業着(動きやすくて汚れてもいいもの・予備も)、農産加工体験の場合は、エプロンとバンダナ等
  • レインウェア
  • 長靴(貸し出しもできます)
  • 軍手
  • タオル
  • 飲み物
  • 洗面具(石けん・シャンプー等)
  • パジャマなど
  • 健康保険証

申し込み

参加申し込み書はこちらからダウンロードできます→参加申込書(PDFファイル)

お問い合わせ・資料請求

日本農業実践学園 担当:籾山 電話:029-259-2002(8:30~17:00)