専攻部門

農産加工

パン、ジャム等添加物を使わない作り方で

農産加工部では、毎日直売所にむけて パン・菓子類、加工品やお惣菜などを作って出荷しています。

学園産のブルーベリーを使ってジャムやお菓子作りをしたり、お味噌作りなどもしています。

その季節ごとに取れる野菜を使った商品を作ったり、自分たちで育てた野菜を収穫・調理して食べることもできます。

経営内容

農産加工の一日は朝のパン作りから始まります。パンの焼けるいい匂いがいっぱいに広がると、荒熱のとれたパンから袋詰めをして、直売所へ運びます。午後からは学園内の各部門で作られた作物や牛乳を用いた加工を行っています。
また、季節ごとに草餅や蕗・ほうれん草の加工、イチゴ、キウイ、ブルーベリー等のジャムを作ります。
夏にはトマトピューレやキュウリ、ナスの漬物、秋は栗、さつま芋、かぼちゃを餡に加工します。
冬は大根漬け、ミソの仕込みとなります。
四季折々の素材を手作りの食品に加工し毎日の食事の中に本当においしいものの味を感じていきます。

実習風景